Profile

Artist Akihi

静岡県出身、兵庫県神戸市在住
山口大学・農学部獣医学科卒業

  • 1997年~ 製薬会社にて毒性病理研究に従事(組織細胞&培養細胞の光学&電子顕微鏡検査)
  • 2001年~ 退職後、独学でパソコンで絵を描き始める(お絵描き掲示板、Photoshop)
  • 2007年 海外のArt雑誌「Asian on Artz」にて特集・絵を紹介される
  • 2008年 自身のウェブサイト作成やデジタル絵画の技術を生かし、グラフィックデザインの仕事を始める
  • 2010年 油彩画を始める
  • 2013年 初個展開催
  • 2014年 天然石とアクセサリーのウェブショップ「Attic Natura」Open
  • 以後、天然石の卸販売の仕事をメインに、アクセサリー作家として活動


ある日、ネットでお絵描き掲示板に出会ったことから、すべてが始まりました。


作品について

もともと美しいものを見るのが大好きだった私。
週末は美術館に行ったり、植物園に行ったり。

ある日、結婚して製薬会社研究員を退職した2001年、偶然、ネットでお絵描き掲示板に出会いました。

お絵描き掲示板というのは、オンライン上のお絵かきツールのことで、
画面上でマウスやペンタブレットを使って絵を描いて掲示板に投稿すると、その描画過程のアニメーションが表示されるというものです。

上手な絵師さんの動画を見るうちに、自分も絵を描きたくなり、あっという間にお絵かきの魅力にとりつかれるようになりました。

お絵描き掲示板で描いた絵

デジタルからアナログへ…

2010年頃までは、主にお絵描き掲示板やPhotoshopを使ってパソコンで絵を描くのが中心でしたが

あるとき、お仕事で水彩の似顔絵を描いたのをきっかけにして、アナログ画材の魅力を初めて知ることに。

また同時期、ある方から油絵の道具を譲っていただけたことで、油絵にも挑戦。
油彩画の魅力にもはまっていきました。

"Planet of Aqua"
photoshop, 2008

テーマはいのちの輝き

私の作品は 一貫して「生命(いのち)の輝き」をテーマにしています。

それは、自分が獣医だったからなのか、
6年間不妊治療をしてきたからなのか、分かりませんが

具象、抽象問わず、様々な手法で生命の持つ輝きを絵の中に表わしてきました。
なかでも特に好んでよく描いたのが、卵。
命を護り育む卵はまさに生命の光の象徴です。

そんな生命の象徴であり、命の欠片ともいえる卵そのものを使って、作品制作もするようになりました。
それがエッグシェル(卵殻)アートです。

Deep Tree -Blue
eggshell, oil paint on canvas, SM(22.7cm×15.8cm)

卵の殻の小さな破片の一つ一つを丁寧に画面に貼っていくことで生まれる世界は、
さながら「細胞」と「組織」
「生き物」と「世界」
「地球」と「宇宙」のような、
そんな、ミクロであり、同時にマクロでもあるような、不思議な命の世界を連想させます。

それはあの、顕微鏡の中で見ていた世界とそっくり。
ミクロになればなるほどマクロを感じるという、あの不思議な感覚は、私を構成する、貴重な根幹の一つです。

そしてアクセサリーの世界へ

制作に月単位の日数を必要とするエッグシェルアートですが、作品の大きさを小さくすることで、アクセサリー制作も手がけるようになりました。
それが蝋引き紐を使ったマクラメアクセサリーです。

マクラメアクセサリーは通常、天然石を包んで制作することが主流です。

私も次第に、地球が生み出したアートであるかのような、様々な天然石の魅力に惹かれていくようになり、
徐々に天然石を使ったマクラメアクセサリーの制作も手掛けるようになりました。

egg shell art and macrame by Akihi

その後も実は、
ワイヤーアートをしたり、
ディップアートをしてみたり、
ビーズアクセサリーを作ってみたり
と、その時々で必要と感じた、様々なことに手を出してみています。

私の中ではどれもが自然の流れのこと。

これからも、様々な手法を用いながら、自分なりの輝きを表現してゆきたいと思います。


◆マクラメアクセサリーについて

マクラメ(Macrame)とは、糸や紐を手で結んでゆくことで、装飾・模様が生まれる編み方の技法のことをいいます。
7~8世紀頃、アラビアを中心に発展したと言われ、アラビア語で”交差して結ぶ””格子編み”という意味の”ムカラム(macrame)”からきていると考えられています。

かつて日本においても南米においても、紐を結んで得られた装飾には願いがこめられ、神聖な儀式の呪術具として使われていました。
ひと結び、ひと結び、丁寧に結んでゆくこのマクラメ編みも、少しずつ表れるその模様には、何かしらのパワーが宿ってゆくような気がします。

また、その紐で包まれた天然石も、包まれることで石自身が喜んでいくかのような、そんな印象を受けるようになりました。

マクラメに近道はありません。
一つ一つ、小さな欠片を並べることで生まれるエッグシェルアートと同様、
一結び一結び、丁寧に紐を結んでいくことでしか作品にはなりえません。

石の魅力を引き出すように、ゆっくりと紐を結んでいくこと、そしてそれを身につける人を思って結ぶことは
石と心を結び、
そして人と人とを結んでいくことと繋がっているのかもしれません。



◆天然石の販売

私がマクラメでアクセサリー制作を始めた当初は、アクセサリーの一番の主役の天然石ルースが、まだまだ国内では手に入れにくく、種類も少なく、かつ高価なものばかりでした。

そこで、天然石を出来るだけ安く、自由に仕入れようと、天然石仕入の勉強をするようになりました。

やがて海外の取引先も増えて、安定して入荷ができるようになったので、
同じように仕入れに悩む国内のハンドメイド作家さんに向けて、可能な限り安く石をお分けすることができるようにしよう、と一念発起。
2か月かけて自社販売サイトを一人で立ち上げ、天然石ルース販売業にも積極的に関わるようになりました。

これまで獣医→研究職→絵→サイト作成→デザイン業→画家→アクセサリー作家 とやってきたことは、全て今の活動につながっています。

全ては自然な流れ。

この先、更にどんな世界につながっていくのか、自分でも楽しみです^^




Art Exhibition

  • 2007:年賀2008デザインアワード優秀賞
  • 2008、2009:年賀2009・年賀2010デザインアワード入賞
  • 2011.1:「光の展」初出展 -銀座ぎおん石(東京)
  • 2011.3:「チャリティポスカ展」出展 -ボダイジュカフェ(大阪)
  • 2011.4:「ファンタジックアート展」出展 -早稲田ドラードギャラリー(東京) 
  • 2011.6:「震災支援Thank you 展」出展 -早稲田ドラードギャラリー(東京)
  • 2011.8:「Vision of the future vol.2」出展 ー坂出かまどホール(香川)
  • 2011.10:「Vision of the future vol.3」出展 ー真国芸術共同スタジオ(和歌山)
  • 2011.11:「We are the art☆ アートはランゲージだ展」出展 ー蓼科Gallery 忘我亭(長野)
  • 2011.12:「Vision of the future vol.4」出展 -Galleria-Tino (横浜)
  • 2011.12:「Christmasプレゼント展」出展 ーSoHoアートギャラリー(大阪)
  • 2012.2:「Saint Valentine’s アートフェア」出展 ーSoHoアートギャラリー(大阪)
  • 2012.5:「アートムーブ2012絵画コンクール」 ピックアップ賞、ポストカード賞受賞(大阪)
  • 2012.5:「ART SALAD」出展 ーSoHoアートギャラリー(大阪)
  • 2012.8:「2012兵庫県展」入選 ー原田の森ギャラリー(兵庫)
  • 2012.11:「第二回まくに美術展」出展 -真国の荘(和歌山)
  • 2012.11:「第二回創作表現者展」美術書籍出版社賞受賞 ースコットホールギャラリー(東京)
  • 2013.3:初個展開催 -カフェ・ド・マルシェ (大阪)
  • 2013.3:「Deviant Art」にてDaily Deviationに選出
  • 2013.4:「手のひらサイズのアート展」 出展ー早稲田ドラードギャラリー(東京) 
  • 2013.7:「花の詩展」出展 -早稲田ドラードギャラリー(東京) 
  • 2013.8:網島フェスタ『リアルハート展』出展 -太閤園 迎賓館(大阪)
  • 2013.10:「第三回まくに美術展」出展  -真国の荘(和歌山)
  • 2013.10:「安心院美術会議」出展 -安心院葡萄酒工房、安心庵(大分)
  • 2013.11:「第三回創作表現者展」出展 ースコットホールギャラリー(東京)
  • 2014.4:「東日本大震災復興支援 合同展under the same sky」出展 (香川)
  • 2018.10:絵本「たまご たまご」Amazon Kindleにてデジタル出版ー文:池田薫 絵:Akihi


Accessory Exhibition

  • 2014.5:天然石&ハンドメイドアクセサリーショップ 「~Attic Natura~」Open
  • 2015.4:「源」Gen Glass Jewelryさまとのコラボアクセサリー企画 -夏ー
  • 2015.10:「源」Gen Glass Jewelryさまとのコラボアクセサリー企画 -秋ー
  • 2016.12:木工房FQ Designさまとのコラボアクセサリー企画
  • 2017.10:「こころきらきらひかる」アクセサリー4人展出展 -Gallery Blau Katze(大阪)
  • 2018.9:「Japanese Female Artists’ Showcase in Chicago」出展 -ECHARINIUM COLLABORATORS(アメリカ)
  • 2018.12:スナップピアスFB クラウドファンディングプロジェクト参加

源 Gen Glass Jewelry https://espeglass.wixsite.com/genglassjewelry





お問い合わせは「Contact」よりお願いします。

当ウェブサイト上で使用されているイラストレーション、写真等の無断使用、複写を禁止します。
Copyright(c)Akihi. All rights reserved.