ワックスコード色見本

ワックスコード色見本

howto

自分用に、ワックスコードの色見本を作りました✨

ワックスコードは結ぶと色が暗く沈むので、本当なら2枚目の写真のように、結んだ状態で色見本を作ったほうがいいです。

…が、20色分ほど作ったところで、全色制覇するのは無理そう、と挫折(^^;)

100均のA4ボール紙を使用。

5センチ幅に切って、紐を巻きたい場所に等間隔に印をつけ、その印部分の両側を穴あけパンチで半円になるようにカットして、紐を巻き巻き。

裏で紐を結んで、両面テープで台紙につけました。

同じ色でも購入先によって色の名前が違うので、Linhasitaの品番と購入先の色の名前を記載。

我が家の作業場には紐の太さごと(1mm、0.75mm、0.5mm)に各色のロール紐の在庫があり、
更に、よく使う色の予備のロールもあるので、すごく沢山の紐を持ってる感がありましたが、
こうしてみるとスッキリ感♪
まだまだいけそうな気がしてきました。
新色買い揃えねば(笑)

でも、普段使う色はほぼ決まっていて、使わない色はとことん使われることがないままなので、
これからはもう少し、使った事のない色にもチャレンジしていきたいと思います。

終わってみてふと気付いたこと。

こんな時こそ、溜まりに溜まっていた余り紐を使えば良かった〜(´;Д;`)💦