ラブラドライトをアクセサリーに使うときには発想の転換を★

ラブラドライトをアクセサリーに使うときには発想の転換を★

stone

ーこちらは2017年のブログ記事ですー

近いうちにアップする予定のラブラドライトさんたち。
これが全て同じ種類の石っていうんだから、その表情の奥深さに参ってしまいます。

ラブラドライトは、光の当たらない普通の状態では地味~~な石に見えますが
様々な角度から光をあててみると、ある角度でとても綺麗に輝いて見える不思議な石です。
(4枚目と5枚目の写真は同じ石です)

ラブラドライトの輝きには、様々な色があります。

黄色~ゴールド~オレンジ
ブルー~グリーン
ピンク~紫
レインボー(MIX)

これらのうち、ピンク系のものは輝きの強さが弱めですが、圧倒的に出回る数が少ないため、他の色よりも高価になりがちです。

どれを選べばいいのか?って言われたら
基本的には石の希少性よりも、自分の好みで選ぶのが一番ですが
その上で、
石(ルース)を立てた状態で、斜め上方からの光で輝きが正面に向くようなら、ネックレスに使うといいし
石を平置きした状態で、真上からの光に輝きを示すようなら、ブレスレットや指輪にするのがいいかな、と思います。

つまり、ラブラドライト(のように特定の角度で輝く石)で特に言えることですが、
ネックレスを作りたい、とか、この位のサイズの石でブレスレットを作りたい、と、最初に用途を決めてから石を探すのではなくて
(もちろん、大量に選択肢があればそのやり方でもいいんですが)

心惹かれて出会ったラブラドライトの、一番輝く方向をまずはしっかりと見極めたうえで、
その輝きが最も綺麗に見える向きで、何に使えるか、
デザイン・用途を後から考えるのがいいかな、なんて思います。

あなたは何になりたい?

どんな形に収まりたい?

どうぞ、じっくりと石と見つめ合ってくださいね。
そうすることで、デザインに自由度が生まれ、個性が光る作品制作に繋がるのではないかな、なんて思います(^-^)